歯科と口腔外科について

歯科と口腔外科の違いについてご存知ですか。歯科医院は街の至る所に見られますが、口腔外科は主に大学病院の中に属している場合が多いです。しかし一般の歯科医院でも、口腔外科も扱うところもあります。

歯科は主に歯の疾患のみを扱うのに対し、口腔外科では、歯のみならず口のまわりや顎、そして顔面と広い範囲を対象とします。

口腔外科では外科的な手術を行うことも多く、時には別の分野の医師と協力すべき場合もあります。歯科医が歯学部出身の医師であるのに対し、口腔外科医は歯学部出身だけでなく医学部出身の方もいて、また両方勉強された方もいます。例えば親不知ですが、普通は歯科医院で抜歯できますが、もし歯の生え方が悪く、抜くために骨を削ったりなどの困難が予想される場合は、口腔外科での扱いとなることもあります。

口の中やその周辺、顎などに何か気になる症状があったら、まずは川崎の歯医者に行って相談されることをお勧めします。歯科医師が適切に判断し、必要とあれば口腔外科での診察を勧めるでしょう。