薬が辛い花粉症は針灸で症状を緩和させよう

花粉症薬で鼻づまりや頭痛に!

針灸治療院では、花粉対策治療を行っている治療院があります。
薬の副作用に悩まれている方や、花粉症の症状を緩和させたいという方はこうした針灸治療院を利用してみるとよいです。
毎年、花粉症に悩まされる方にとって花粉症の時期は市販の薬や病院の薬を服用し続けているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
花粉症の薬を飲むと、確かにくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが収まるのですが、鼻づまりや頭痛などの症状に悩まされることもあります。
他にも花粉症の時期にずっと花粉症薬を飲み続けると、慢性的な口の渇きが続いたり、眠気なども出てくることもあります。
実は花粉症の薬には、花粉症の症状を抑制する効果もあるのですが、反対に頭痛や眠気、口の渇きなどの副作用も高いので、気を付けなければなりません。

花粉の飛ぶ1か月前から針灸治療を行うと効果的

花粉症薬は高い効果もありますが、その分、副作用も強いので極度な花粉症に悩んでいる方は針灸治療を取り入れてみてはいかがでしょうか。
針灸治療では免疫機能のバランスを整えることが出来ますので、花粉に対する極度のアレルギー反応を緩和させていくことが出来ます。
花粉が飛ぶ1か月前から、体の免疫機能のバランスを整えていくことによって、花粉に対するアレルギーを少しでも減らすことが出来るでしょう。
花粉は2月から3月の時期に飛ぶため、治療は12月の終わりから1月に開始をするとよいでしょう。
針灸効果はアレルギー反応を低下させること以外にも、免疫力を整えることによってホルモンのバランスが整っていきます。

harikyuseitai-4.jp

針灸で早めに花粉対策をするメリットとは?

針灸で早めに花粉対策をするメリットは、花粉の症状がいつもよりも軽く済み、症状の出始めを遅くすることが出来るということです。
また花粉症の薬を服用する量や回数が少なくなりますので、薬による頭痛や眠気などの副作用を少しでも減らすことが出来るでしょう。
特に花粉症薬には、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が含まれていますので、鼻が詰まったように重くなってしまったり、強い頭痛などの副作用が出やすい傾向がありますので、気を付けなければなりません。
針灸治療を花粉が本格的に飛来する前に行うことによって、辛い花粉症の時期も過ごしやすくなりますので、花粉症の症状に悩まれている方は、針灸治療を受けてみるとよいでしょう。
アレルギー反応を出来るだけ少なくするためにも、外出するときは出来るだけマスクやゴーグルなどで花粉から身を守ることも大切です。