歯医者を変えたい場合に気を付けることは

引っ越しの場合は事前に下調べを

引っ越しや転勤に伴い、受診する歯医者さんを変更しなければいけないということも考えられます。
もちろん、日本国内であれば、どの地域でも歯医者さんにかかることは可能です。
しかし、新しい地方で歯医者さんにかかるのであれば、地域で評判の良い歯医者さんを下調べすることが大切ですね。
人気の歯医者さんは予約をとるのにかなり日数がかかることもあります。
治療中の歯があるという時は、引っ越しをしてから予約をするのではなく、引っ越し前から予約を入れるのがおすすめです。

新しい歯医者さんを探す時のポイントとしては、患者の話をよく聞いて、治療方針の説明が丁寧であることがあります。
質問になんでも答えてくれる、ケアについて丁寧にアドバイスをくれるといった評判も、見落とせないポイントです。
もちろん、現在の歯医者さんに何らかの不満点があったり、曜日などの問題で通いにくかったりということで、歯医者さんを変えたいという場合もあります。
その場合も同じく、事前に下調べをして、今の歯医者さんには事情を説明して、歯医者さんを変える旨を伝えましょう。

治療経過について医師に説明

良心的な歯医者さんであれば、新しい歯医者で治療をしたい、しなければならないということを伝えれば、次の歯医者さんに通う際に伝えておくことを教えてくれるでしょう。
歯医者さんを変わる時には、前のお医者さんの説明を含めて、現在の治療経過について新しい歯医者さんに説明するようにしてください。
また、歯医者さんに対する希望も伝えましょう。
具体的には、
・何曜日、何時なら無理なく通うことができるか
・治療方針の希望(できるだけ歯を残したい、痛みを軽減してほしいなど)
・保険外適用の治療の希望があるかどうか
などになります。

西田歯科医院は甲賀市で人気が高い歯医者です

転院後も診察は必要

歯医者さんを変わった直後も、新しい歯医者さんで診察やレントゲンといった初回の処置は必要です。
もちろん、健康保険証やお薬手帳も新しい歯医者さんで提出する必要がありますので、忘れずに持参しましょう。
前の歯医者さんの時と、症状が変わっている可能性もゼロではありませんし、歯医者さんとしても患者の症状についてよく理解をしておく必要があります。
ですから、治療途中であっても、歯医者さんを変わる時には初回の診療に、時間がかかる可能性が高いことを理解しておきましょう。
予約の際は、仕事などのスケジュールに余裕をもって時間を選ぶことが大切です。