歯医者で行われている治療の種類とは?

プラスチックを詰める治療

最近の虫歯治療はプラスチックを詰める方法が採用されることが多いです。これはコンポジットレジン充填と呼ばれています。歯と同じ色の詰め物をするのが特徴であり、1回で治療が完了するために時間もかかりません。
プラスチックの場合は強度があまりないのが欠点といえます。そのため、広範囲にわたる虫歯に関してはこの治療法を選択することができず、従来のように金属を使うことになるでしょう。現在では、プラスチックを詰めるときに光を当てて硬化させる方式が主流となっているため、以前よりもさらに治療時間が短縮化されています。

スケーリング

歯の表面には歯石が蓄積していくため、これを取り除くことは大切です。20歳以上で歯医者に行った人であれば、スケーリングを受けたことのある人は多いでしょう。超音波スケーラーと呼ばれるものを用いて治療するのが一般的です。ただし、細かい部分や歯周ポケットのなかについては、手用スケーラーを使います。歯に付着している歯石を超音波振動によって破壊して剥がしていくという方法です。歯石を取ることで歯周病や虫歯の予防につながるため、とても重要な治療です。

神経を取る治療

虫歯が神経にまで達してしまった場合には、神経を取ることになります。神経を取り除いてしまえば、痛みを感じることはなくなるでしょう。虫歯になっている部分を削って、神経を取り除くための器具をなかに入れます。大きな穴を開ける必要があり、比較的大掛かりな治療となるでしょう。治療を終えると神経がなくなった空洞部分を完全に埋めてしまってから蓋をします。神経を取る治療には時間がかかることがあります。治療中はしっかりと麻酔をするため、痛みを感じることはありません。

歯医者を江東区や大島で探している方へ

根の治療

神経を取り除いた歯や神経が死んでいる歯は、根の先にまで菌が侵入したり炎症したりすることがあります。この場合は、根の治療をしなければいけません。すでに金属の芯や被せものがされていることが多く、それらを取り除いてから根の治療に取り掛かるため、時間がかかります。金属を削るのは歯を削るよりも大変だからです。根の治療では、血液や膿の塊などもしっかりと取り除いて、薬液によって洗浄します。そのあとは、基本的に神経を取る治療と変わりません。空洞を埋めてしまって、蓋をします。根の治療は根管治療とも呼ばれています。かなりの手間と時間がかかり、根気よく歯科医院に通い続けることが大切です。歯医者の指示をしっかりと聞きましょう。また、信頼できる歯医者に頼まないと失敗する可能性があります。

コメントを残す