歯医者でケアできる歯周病リスク

歯茎の中の菌を取り除くSRP

最近は予防歯科という考え方も一般的になってきて、虫歯や歯周病を事前に防ぐための治療を行う歯医者さんが非常に増えていますね。
特に歯周病は、歯の健康を大きく損ない、歯を失ってしまう大きな原因ということで気を遣う人が増えてきました。
歯医者さんで、専門的な歯周病の予防ケアを受けることができます。

その1つとして挙げられるのが、スケーリング・ルートプレーニングといった治療で、頭文字からSRPと呼ばれることも一般的な治療です。
スケーリングとルートプレーニングは少し違いがありますが、基本的にどちらも歯石やバイ菌を取り除くための治療、かなり本格的な「歯石取り」と言えます。
歯周病の症状が進行した方も、この治療で歯周病の改善がなされることもあります。
歯茎の奥のほうを治療する場合は、痛みなども伴うこともありますが、歯周病ケアとしてかなり効果のある治療なので、一考する余地もあるでしょう。

ホワイトニングや定期検診でしっかり予防

SRPとまでいかなくとも、ホワイトニングで歯垢をしっかり取り除いたり、定期的に検診を受けたりすることも、歯医者さんで歯周病リスクをケアする行為となります。
特に歯医者さんの定期検診は、虫歯や歯周病リスクを知ることができますし、歯磨きなどのアドバイスを受けることもでき、かなり歯の健康にとって大切なことです。
現在日本で定期的に歯医者さんの検診を受けている方はあまり多くありません。
しかし、歯の健康を気にするのなら、一度近所の歯医者さんの評判を調べ、定期検診を申し込んでみてはいかがでしょうか。

imoto-shikaiin.com

家庭でのセルフケアも非常に大切

もちろん、歯医者さんで行う歯周病ケアだけでなく、家庭でしっかり歯周病リスクを減らしていくケアをすることも大切です。
最近多くの方が用いているデンタルフロスや歯間ブラシも、歯周病ケアにおいて非常に効果があります。
最初は使うのにコツがいりますが、ブラッシングと併用すると、かなり虫歯や歯周病の予防に効果が出てきます。
マウスウォッシュも歯周病ケアに意味がありますが、これはあくまでしっかり歯磨きをしていることが前提です。
マウスウォッシュはかなり爽快感があるので満足してしまいがちですが、マウスウォッシュだけで歯がきれいになるというわけではありません。
口臭や歯周病の原因となる菌をある程度洗い流してくれるので、寝る前にマウスウォッシュを使うのはおすすめです。
爽快感だけでなく、薬用で歯周病菌などにケアできるものを選びたいですね。