歯の黄ばみを落とす方法は?アイテム別の特徴

ホワイトニング歯磨き粉

歯の黄ばみを落とす方法として、ホワイトニング歯磨き粉があります。ホワイトニング歯磨き粉の中は、分割ポリリン酸ナトリウムが配合されているものを選ぶことで、よりホワイトニング効果を得やすいです。

この成分は、歯の黄ばみを落としてくれるだけでなく、黄ばみが付きにくいようにしてくれる効果も期待できます。選ぶ際は、研磨剤が使われていないタイプで探してください。タバコのヤニの場合は、分割ポリリン酸ナトリウムだけでは、綺麗に落とすことができません。ヤニ汚れを溶かしてくれる成分が配合されたものを1週間に1回ほど取り入れることで、ヤニ汚れもキレイにしていくことができます。しかし、市販されている商品は、有効成分を配合できる限度がありますので、より白くしたい、綺麗にしたいという場合は、歯科医院でのクリーニングがおすすめです。

シリコンの消しゴムタイプ

歯を白くする方法として、注目されているのが歯の消しゴムです。これは、シリコンで作られた消しゴムのようなもので、歯をこすって黄ばみを落としていきます。使用する際は、先に研磨剤を歯に塗ります。研磨剤が使われているので、しっかり白くなりますが、こすりすぎには注意しましょう。また、使用頻度が多くなってしまうと、歯の表面に傷がつきやすくなり、着色しやすくなってしまうというデメリットもあります。消しゴムだけでホワイトニングをするのではなく、ホワイトニング歯磨き粉を併用したり、歯科医院でのクリーニングも組み合わせるのがおすすめです。

福岡市中央区の中村歯科は腕が良い歯医者として知られています

歯科医院で歯を白くする方法

歯科医院では、クリーニングやオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなどを受けることができます。クリーニングは、自然な歯の白さを取り戻すことができ、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、輝きのある白い歯にすることができます。ホームホワイトニングは、自宅で行うホワイトニング方法なので、通院回数や、費用を抑えてしっかりホワイトニングすることができます。ただし、自宅で行うため、時間がかかります。できるだけ早く白くしたいという場合は、オフィスホワイトニングが良いでしょう。2回から3回くらいで白くなる人が多いです。自然な白さで良いという場合は、クリーニングでも十分効果を感じることができるでしょう。まずは歯科医院で、どれくらいの白さにしたいのか、相談してみるのがおすすめです。

コメントを残す