整骨院(柔道整復師)と他の資格の違いを解説

鍼灸師、あんま指圧マッサージ師

整骨院で働いているのは主に柔道整復師です。柔道整復師は国家資格であり、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)を保険を使って治療できます。柔道整復師は整骨院以外ですと、整形外科、介護施設、スポーツジムなどで働いています。
その他、整骨院では、鍼灸師(はり師、きゅう師)もいます。こちらも国家資格となり、医師の同意があれば、神経痛、リウマチ、頸腕症候群(肩こり)、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症(ムチウチ)の6症状に保険治療を行えます。ただ、保険治療では整骨院の利益が少ない、治療時間が短くなることにより効果を出しにくいなどの理由で、保険と延長分の自費、もしくは保険は使わず自費のみの鍼灸治療を取り入れている院が多いです。鍼灸整骨院以外では、東洋医学科のある病院や診療所、美容エステサロンで働いている鍼灸師もいます。
また、あんま指圧マッサージ師という国家資格もあります。医師の同意があれば保険を使って患者にあん摩、指圧、マッサージ(なでる・押す・揉む・叩くなど)を施すことができます。基本的にこちらの資格を持っていないと保険を使っての「マッサージ」はできないのですが、実際は柔道整復師、鍼灸師によるマッサージにも保険を使われていることも多くあります。
柔道整復師、鍼灸師、あんま指圧マッサージ師には独立して開業出来る権利があるのが特長です

理学療法士、作業療法士

理学療法士、作業療法士ともに国家資格になります。
理学療法士は医師の指導の元、障害や後遺症のある人に、運動療法、物理療法を行わせ機能回復をはかります。
作業療法士は理学療法で運動機能を回復させた人に対して、次に社会復帰できるよう、医師の指導の元、創作活動やレクリエーションを行わせます。
「医師の指導の元」からも分かるように、病院内でリハビリを行っていることがほとんどですが、介護やスポーツの現場で活動している人もいます。
こちらの資格は開業出来る権利を持っていません。よって、理学療法士、作業療法士としてではなく整体師として整体院を開業する人も最近では増えてきています。

安昇接骨院は徳島で有名な整骨院です

整体師

よく整骨院と整体院は混同されやすいのですが、「整体師」という資格はありません。基本的には無資格か民間資格になります。
最近では、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士などの国家資格を持っている人でも、保険治療に縛られることなく、自費で自分の技術を生かして患者を治療したいとの思いで、整体師として整体院を開業しているパターンも増えています。