ホームホワイトニングの効果を長持ちさせるテクニック

定められた装着時間をかならず守ること

ホームホワイトニングはマウスピースを一定時間、毎日決められた時間装着してじっくりと歯を白くする方法です。ホームホワイトニングのマウスピースの装着時間はそれぞれの製品によって異なりますが、おおむね1日あたり「30分から2時間程度」マウスピースを装着する製品が多いです。30分から2時間という装着時間は就寝前などの時間帯を使用すればムリなく毎日のホワイトニングを行うことができます。
1日あたり2時間程度と定められているホームホワイトニングですが、就寝前にマウスピースを装着する際には注意が必要です。その理由は、ホームホワイトニングで2時間を大幅に超えて装着を続けてしまうと薬剤が歯にしみ込みすぎてしまい、知覚過敏などの症状をおこすおそれがあるからです。装着時間は30分から2時間程度を守るようにしましょう。長すぎてもいけません。

ホワイトニングジェルは適量で

ホームホワイトニングで使用するホワイトニングジェルは主に過酸化尿素を主成分として作られています。過酸化尿素はオフィスホワイトニングで使用する過酸化水素と比べて濃度が低く、比較的安全とされている薬剤ですが、それはあくまでもオフィスホワイトニングで用いる過酸化水素と比べた場合、の話です。過酸化尿素は過酸化物であることに変わりはなく、使用法を誤れば人体に影響がでるおそれもあります。
ホームホワイトニングで用いるマウスピースの内側にホワイトニングジェルを塗る際には、かならずマウスピースの中に適量、定められた用量のみを塗るようにしましょう。あまり多く塗りすぎてしまうとマウスピース装着時にホワイトニングジェルははみだしてしまい、歯ぐきに付着して炎症の原因になることがあります。

ホワイトニング後の飲食は時間を空けてから

ホームホワイトニングをしたあと、ワインやコーヒー、カレーやキムチなどの着色性の強い飲食物を摂取するとせっかくホワイトニングをした歯が着色してしまうおそれがあります。着色性の強い物質には上で挙げたもののほかにチョコレートやコーラなどの色付きの炭酸飲料のほか、紅茶やブルーベリー、ターメリック、イカスミ、しそ、とうがらしなどのたくさんの飲食物があります。
これらの飲食物はホワイトニング直後はもちろん、ホワイトニング期間中にはなるべく摂取しないことをおすすめします。ホームホワイトニングをしたあとに飲食をする場合には30分から1時間は空けるようにしましょう。

那珂市で歯科医院を探している方へ朗報です